お腹のはなし

胃痛・胃もたれについて

胃は伸縮自在なゴムに似てますが、この弾力性が失われると、食べ物が胃の中にいつまでも残っている感じになります。これが『胃もたれ』です。『胃痛』は空腹時にみられたり、食事のあとに鈍痛を感じたりします。

(原因)

胃は蠕動運動により、食べ物と胃の消化液である胃酸を混ぜ合わせて消化し、小腸に送り出します。しかし、不規則な生活、食べ過ぎ、ストレスなどで胃に過度な負担がかかると、胃の運動機能が低下して消化がスムーズに行われなくなってしまいます。そのため胃に食べ物が長くとどまってしまい、胃もたれの原因となってしまいます。

胃痛は消化性潰瘍があると起こる事が多いですが、胃粘膜に潰瘍がなくても胃に強い刺激が加わると胃痛が起こることがあります。胃痛を起こす強い刺激として、胃酸の出過ぎが考えられます。その原因として不規則な生活、食べ過ぎ、ストレスがあげられます。ほかにも薬の副作用によって胃の粘膜保護機能が低下し胃酸から胃を守れないために起こる胃痛もあります。

『胃痛•胃もたれ』の症状がある病気

消化性潰瘍:胃・十二指腸潰瘍は合わせて『消化性潰瘍』と呼ばれ、胃や十二指腸の粘膜に自ら分泌した胃液の消化作用により潰瘍が出来る病気です。通常、胃粘膜の表面は粘液でおおわれ、防御作用が働き、粘膜を保護します。ストレスなど何らかの原因で防御機能が弱まると、胃粘膜が胃液に攻撃され潰瘍が生じます。最近ではピロリ菌が潰瘍の原因のひとつといわれてます。

機能性胃腸症(functional dyspepsia):胃の痛みや胃もたれなどのツラい症状が続いてるにもかかわらず、内視鏡検査など行っても異常が認められない病気です。以前は慢性胃炎・ストレス性胃炎と言われてました。治療は酸分泌抑制薬や消化管運動改善薬等を内服しますが、最近はピロリ菌との関連も注目されており陽性者には保険適応でピロリ菌の除菌が認められました。

胃癌:胃腫瘍でおなかの症状が出現するには、潰瘍を形成するタイプのものや胃壁運動が低下するように浸潤性に進展していくタイプのものがあげられますが、何れも進行してから症状は出現します。早期の癌ではほとんど症状は出現しない事が多いようです。胃に不安を覚えてる方は一度ご相談下さい。

お腹のはなし|ピロリ菌について >

当院にての症例

症例写真

59歳男性 3ヶ月前より腰痛にて他院受診。腰痛に対する鎮痛剤を処方される。2ヶ月前より上腹部痛出現するようになる。内視鏡検査にて胃体部(胃の中央)に潰瘍を認めました。今回は鎮痛剤の影響によるNSAID潰瘍の診断にて、鎮痛剤の内服を中止し制酸剤(PPI)の投与を行い治癒した症例です。

症例写真

60歳女性 自覚症状は特になし。還暦を迎え全身精査希望にて当院受診。上部内視鏡検査施行したところ、胃体部に隆起性病変認める。組織検査の結果にて胃がんの診断となり関連病院紹介。形状より早期癌の判断にて開腹手術は施行せず、内視鏡にて腫瘍切除施行。術後5年経過するが再発の兆候はなし。病気は早期発見が大事と実感させられる症例です。